カテゴリ:zaimu



2021/07/21
…税理士さんに財務も任せていると錯覚していませんか。 中小企業経営における再優先事項は「営業」や「マネージメント」ですので、「税務」や「財務」について、深く意識する機会は少ないと思います。...
2021/07/14
…資金調達により事業が大きく伸びた事例を紹介します。...
2021/07/07
…余裕のあるうちに実行しましょう。 新型コロナウィルス感染症による経済への影響が続いています。 じりじりと資金繰りが厳しくなり、借入金の返済負担が大きいと感じる企業様も多いと感じます。...
2021/06/30
…決算書が信頼されていない可能性があります。 融資を断られる理由で最も多いのは、業績不振による赤字や債務超過です。断られるのは残念ですが、やむを得ない理由であり納得はできます。しかし、業績が悪くないにもかかわらず、融資を断られるケースがあります。...
2021/06/23
…漫然と借りて漫然と使う経営から脱却しましょう。 中小企業の財務指針は、「借りられる時に借りられるだけ借りておき、常にキャッシュポジションを高くとることが最善」であると提唱しています。...
2021/06/16
…資金調達は自己都合ではなく相手都合です。 金融機関の担当者からお聞きした話ですが、業績の悪化により会社を清算する企業が増えているようです。コロナウイルス感染拡大が直接的な原因ですが、清算に至った企業の多くは、コロナ以前から何らかの問題を抱えており、コロナウイルス感染の拡大で資金繰りが決定的に行き詰ったそうです。...
2021/06/09
…税務目線だけでなく、財務目線を付加して決算を組みましょう。 企業が決算書を作る目的は大きく分けて2つあります。ひとつは納税額を算出するため、もうひとつは経営状況をステークホルダー(株主、銀行、取引先など)に報告するためです。経営者にとっては、納税額の算出よりも銀行に経営状況を報告することの方が重要かもしれません。...
2021/05/26
ある関与先様から私募債について相談がありました。取引金融機関から私募債を発行しないかと提案があったようです。...
2021/05/19
…生き残るためにやるべきことをしっかりやりましょう。 コロナ感染症が再拡大しており、経営環境は引き続き厳しい状態が続いています。対策を再確認しましょう。 ■ 資金調達 資金があれば時間を稼ぐことができます。将来的に返済をしなくてはならない資金ですが、今後も事業を継続するつもりであれば、資金の壁を高く積んでおく方が良いと考えます。...

さらに表示する