金融機関対応事例集

◆実績・事例コラム 『キャッシュフローがでていない場合の資金調達事例』 直近の決算でキャッシュフローができていなければ、調達は困難だとされています。 個人事業主として美容室を経営するH氏が、2店舗目出店資金1,000万円を調達した事例をご紹介します。 ◆関与先様の概要 事業主名:H氏 業種  :美容室経営 業歴  :創業2年目...
銀行融資プランナー協会が推奨する税理士事務所の新しいサービス、「資金繰り円滑化サービス」を実例にて紹介します。 ◆お取引開始の経緯 現在P社を経営するM社長が来所され、会社の設立及び税務顧問の相談がありました。 通常の企業様同様、当初は一般的な税務顧問サービスにて取引を開始しました。 ◆資金繰り円滑化サービスの導入...
営業が深夜に及ぶ飲食店経営者にとって、新店舗出店に伴う銀行対応は非常に大変です。 個人事業主として飲食店を経営するW氏が、2店舗目出店資金1,200万円を調達した事例をご紹介します。 ◆関与先様の概要 事業主名:W氏 業種  :飲食店経営 業歴  :創業4年目 直近年商:1,800万円 ◆ご相談の経緯...
工期が数か月に渡る建設業等の業種は、正確な売上と原価を掴むのが難しいため、本当の利益が分かりにくい業種です。決算書上では黒字の企業が、突然倒産することもあるため、金融機関は建設業等をより保守的に審査します。...
◆銀行融資プランナー協会では、 企業の成長を目的とした「資金シミュレーションと資金調達サポート」を積極的に行っておりますが、「銀行から融資を断られた」といった後ろ向きのご相談を受ける機会も少なくありません。...
資金調達のご相談の中には、「もう少し早くご相談して頂ければ…」というものが多くあります。 適切な対処をしていれば、そもそも問題すら起きなかったであろう事案です。 今回は、財務無策が招いた資金繰り悪化の事例をご紹介します。 ◆財務無策とは 財務活動には、「キャッシュフロー管理(資金繰り管理)」「ファイナンス(資金調達)」...
事業と資金調達は切っても切れない関係があります。特に、仕入れは即金、販売は掛売りで事業を行っている場合、資金調達が出来なければ、たとえ顧客がいても売上を伸ばすことは出来ません。 今回は、設立1年目ながら、積極的な資金調達で事業を拡大している関与先様の事例をご紹介いたします。 ◆ご相談の内容...
◆ご相談の経緯 ある飲食店経営者の方が資金調達の相談に来られました。 内容はシンガポールへの出店資金4,000万円の調達です。...
業績が(一時的に)悪化している企業様が、CSファンド保証を利用し、倒産回避資金を調達した事例を紹介します。 飲食店を複数店経営するA社は、長年堅調な業績を維持してきましたが、ある原因により足元の業績が急速に悪化しており、今期は赤字決算が免れない状況です。...
飲食店舗の買収資金を調達した事例をご紹介します。 イタリアンレストランを3店舗運営しているD社の社長様より、「もっと早いスピードで出店をしていきたいが、なかなか店長が育たなくて…」とのお話がありました。私は、ご縁があればM&A等も検討してみてはどうかと提案しました。...

さらに表示する