【経営コラム】「知る」ことで多くの不安が解消されます。

…無知ではリスクをマネージメントできません。

 

■消防士は火に対する知見を有しています。

 

故に、大丈夫、危険だ…これらを正しく判断できます。危険な火災現場に遭遇しても、最小限のリスクで最大限の対応ができるのはこのためです。

仮に、無知な消防士(?)が消火活動を行ったとすると、過度に恐れて適切な消火活動ができない、または、蛮勇で無茶なそれを行うことになるはずです。いずれも正しい消火活動とは程遠い結果になります。

消防士は、日々欠かさず、火に対する勉強と訓練を積んでくれています。

 

■社長も経営を「知る」ことが重要です。

 

経営には不安がつきまといます。具体的な不安、漠然とした不安…無限の不安が心に降り注いできます。ある種の必然で仕方ありませんが、これらの不安を軽くする方法はあります。

 

◎人は、わからないことに多くの不安を感じるようです。

・「知る」ことで多くの不安が解消されます。

・「知る」ためには勉強が必要です。

故に、賢明な社長は日々勉強に励みます。

 

◎「知る」ことで、程度加減がわかります。

・「知る」ことで、ここまでは大丈夫、これ以上はダメ、この境界が見えます。

・「知る」ことで、経営判断の精度が向上します。

故に、賢明な社長は日々勉強に励みます。

 

◎「知る」ことで、「自分の知らないこと」を認識できます。

・知らないことを認識すること(=「無知の知」)は重要です。

・「知る」ことに重点的に取り組むことができます。

・「自分の知らないこと」には取り組まない、または、他人の知恵を借りる癖が付きます。

故に、賢明な社長は日々勉強に励みます。

 

■過度の心配は払しょくしましょう。チャンスを逃してしまいます。逆に、蛮勇もご法度です。会社をつぶしてしまいます。

 

「無知」な社長は二つのパターンに分かれます。

 

◆1.過度に恐れて攻めることができない社長。

リスクを過大評価して、一歩も前に進めません。前に向かってアクセルを踏めない原因の一つは「知らない・わからない」からではないでしょうか?

 

◆2.蛮勇を背景に突っ走る社長。

リスクや実力を省みることなく、とにかくアクセルを踏み続けます。過度に邁進できる理由の一つは「知らない・わからない」からではないでしょうか?

いずれも正しい経営とは程遠い結果になります。

 

■「知る」ことは大変大きな収穫をもたらします。

 

社長が経営の勉強をすることには大変大きな意味を持ちます。

その経営成績、収穫に直結します。ただ、社長が勉強すべきテーマは極めて広範囲です。

以下の方針で取り組んでください。

 

◎できるだけ体系的・網羅的・論理的に計画的に学んでください。

◎学びにゴールはありません。生涯学習のつもりで学んでください。

 

「無知」は大きな損失を招きます。損をします。

「無知」は不安の大きな原因の一つです。病みます。

「知る」ことで多くの事を解決できます。

故に、賢明な社長は日々勉強に励みます。

 

――――――――――――――――――――――――――――

 

※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。遠慮なくご相談ください。

 

○音声・パワーポイントレジュメ付の誌上無料セミナー(20分)をご視聴ください。

【創業~中小零細企業経営者が押さえておくべき銀行取引の基本ルール10!と3つの事例!】

…借り手の論理ではなく貸し手の論理で!雨傘理論ではなく日傘理論で!

https://youtu.be/74QoKmoljcc