▶キャッシュフローがでていない場合の資金調達事例

 

◆実績・事例コラム

『キャッシュフローがでていない場合の資金調達事例』

 

直近の決算でキャッシュフローができていなければ、調達は困難だとされています。

個人事業主として美容室を経営するH氏が、2店舗目出店資金1,000万円を調達した事例をご紹介します。

 

◆関与先様の概要

事業主名:H氏

業種  :美容室経営

業歴  :創業2年目

直近年商:1,300万円

 

◆ご相談の内容

関与先様は独立開業してから半年しかたっておりませんでしたが、事業が好調で固定客が増え始め2店舗目の出店を希望されておりました。2店舗目の出店に際して1,000万円の資金調達をしたいというご相談でした。

 

◆関与先様の状況

関与先様は、前期の決算ではキャッシュフローが出ておりませんでした。

一般的には、

①簡易キャッシュフロー

②実質債務超過の有無

③債務償還年数で調達の可能性を探る

のですが、その点では楽観的な案件ではありませんでした。

ただし、弊所が作成した直近の3か月の試算表を見ると業績が好調でした。

 

◆弊所の対応

調達先は日本政策金融公庫とし、調達希望額の満額が難しければ民間金融機関の協調先を探す計画でした。足元の業績が好調なのは大変ポジティブですが、3か月の試算表では金融機関はもう少し見たいなというのが心理でしょう。事業計画書の作成にはこの好調な状況が続くという根拠を示してあげる必要がありましたので、金融機関の審査ポイントをおさえた計画書を作成して示しました。

 

◆最終結果は、

日本政策金融公庫から希望額の1,000万円の調達ができました。

①簡易キャッシュフロー

②実質債務超過の有無

③債務償還年数がクリアでいていない場合

いかに金融機関の審査ポイントをおさえた計画書を作成するかがカギとなります。

 

弊所の財務コンサルティングサービスは、このように貴社の財務部長を代行するサービスです。

 

本当は中小企業こそ財務部長がいると重宝します。お気軽にお問合せください。