【実践コラム】資金調達は長期戦です

…長い時間をかけて決算書をデザインするというイメージを持ちましょう。

 

創業時からお付き合いしている企業様の第4期決算が終わりました。資本金100万円で会社を設立し、一緒に300万円の創業融資を借りに行ったのが始まりです。毎期増収増益で推移し、第4期の売上高は380百万円、経常利益は13百万円となりました。4年間の累積利益は27百万円です。

 

同社が順調に成長できた要因は、社長の経営手腕が優れていることはもちろんですが、他人資本(借入)を上手に活用できたことも要因のひとつです。4期が終わった時点で70百万円の借入がありますので、自己資金100万円では成しえなかった成長を、借入を活用することで実現できたと感じます。

 

借入が大きすぎるのではと懸念された方もいらっしゃるかもしれませんが、同社は、借入が70百万円ある一方で、30百万円の現預金と40百万円の売掛金を持っています。もし、今事業をやめるなら、手元現金30百万円と売掛金40百万円の回収で借入を一括完済することが可能です。もちろんこの辺りのバランスも見ながら借入を進めてきました。

 

ただ、最初から借入が簡単にできた訳ではありません。創業融資は500万円で申し込みましたが300万円しか出ませんでした。また、保証協会の保証を取りつけるのも最初は苦労しました。実績を積み上げながら、少しずつ借入を増やしてきた結果、70百万円になったという印象です。

 

利益が出る事業を有しているなら、資金を大きく調達して事業に投入した方がリターンはより大きくなります。しかし、一朝一夕に資金調達ができるようになる訳ではありません。銀行が融資の判断材料としている「決算書」のあるべき姿をしっかりとイメージし、それに向かって実績を着実に積み上げていく必要があります。

 

同社も、1期目から税金をしっかり払って利益を計上し、不用意な社長への貸付や、仮払等が発生しないように努めるなど、しっかりと決算書をデザインしてきました。そして、決算書がイメージに近づくに伴って資金調達額も増えています。

 

資金調達は長期戦です。今現在資金調達に苦労されている企業様でも、まずは自社の決算書のあるべき姿をしっかりとイメージし、それに向かって日々着実に実績を積み上げていけば、いつか必ず調達ができる時が来ます。

 

ただ、「そもそもどのような決算書を目指せば良いか分からない。」という経営者様も多いと思います。是非、ご相談ください。