【実践コラム】有事を乗り越えるための対策

…生き残るためにやるべきことをしっかりやりましょう。

 

コロナ感染症の影響により経済が後退しています。長期戦にな

る様相を呈してきました。今やるべきことを整理します。

 

■ 資金調達

資金があれば時間を稼ぐことができます。将来的に返済をしなくてはならない資金ですが、今後も事業を継続するつもりであれば、資金の壁を高く積んでおく方が良いと考えます。今利用できる施策は下記となります。

 

・日本政策金融公庫国民生活事業のコロナ関連融資

・保証協会のコロナ関連保証

・日本政策金融公庫中小企業事業のコロナ関連融資

・商工中金のコロナ関連融資

 

■ 助成金

赤字を出しながら無理して営業するのではなく、思い切って休業するという選択肢もあります。休業を選択した場合、雇用調整助成金により休業手当の最大90%の助成を受けられるため、人件費負担の大きな会社にとっては資金流出を大幅に減らすことができます。但し、先に人件費を支払わなくてはなりませんので、融資とセットで考えましょう。

 

■ 補助金

国、都道府県、市町村単位で様々な補助金が打ち出されています。要件は様々ですので、情報をしっかりと集め、受けられる補助は漏れなく受けるようにしましょう。

 

■ 固定費の見直し、取引条件の交渉

不要な固定費の削減はもちろん、少しでも現金が手元に留まるよう、売上金の早期回収、支払いの繰り延べ等、取引条件の交渉も検討しましょう。

 

■ 新しい仕事の進め方・ビジネスモデルの構築

資金確保により一定の時間稼ぎが出来ます。時間を稼いでいる間に、現状に適合した新しい仕事の進め方、新しいビジネスモデルの構築に取り組んではいかがでしょうか。

 

未だかつて経験したことがない出来事が起こっています。生き残るためには、この状況に早期に適合しなくてはなりません。

リストラを含め、経営者としては辛い選択に迫られるかもしれませんが、それがやるべきことであればやらなくてはなりません。まずは、生き残ることを優先してください。

 

○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

 

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会 正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。