【経営コラム】【Afterコロナ】ではなく、【Withコロナ】として経営する!

 …3密「密閉」「密集」「密接」を避けて生きる!

 

…前回号からのつづきです。

 

【Afterコロナ】を迎えるには相当の時間が掛かりそうです。

予防薬と治療薬が浸透した時に、人類はその警戒レベルをインフルエンザ等と同じにするのでしょう。一方、それまでどうするのか?【Withコロナ】で経営し、生きていくしか他に方法はありません。また、【Afterコロナ】は、【Beforeコロナ】と同じではなさそうです。概ね【Withコロナ】モードを踏襲することになりそうです。

 

■3密「密閉」「密集」「密接」業態は工夫が必要!

 

〇TVやYouTubeスタジオでは、コメンテーター同士の距離を取る、または、アクリル板で仕切るなど工夫しています。このアクリル板は便利です。

〇飲食店のカウンター席などは、このアクリル板を使って隣と仕切ると安心感が格段に増します。

〇また、セミナーや会議室、執務机の隣の席との仕切りにも有効です。講師の前にも設置しましょう。

〇レジや受付などの対面ゾーンでは、金融機関の窓口のような仕切りを作るといいですね。透明のシートを活用すると廉価で対応できます。

〇このアイデアは、他の業態、例えば、美容室やネイルサロンなどでも使えます。

内装業者、備品業者さんが企画して提案して欲しいものです。

◎これからは、このようなサービス業に対する設計思想(店作り)も変わりそうです。知恵の絞りどころです。

〇イベント会場は換気でしょうか。換気の容量を桁違いに上げる必要がありますが容易ではありません。冷暖房の効率と換気の兼ね合いをどうとるのか、空調メーカーさんの腕の見せ所です。

◎この分野でも設計思想が変わります。

※イベントやコンサートなどにはVRが浸透しそうです。〔VRは「Virtual Reality」の略で、「人工現実感」や「仮想現実」と訳されています。〕今までは、高コストで教育訓練用にしか用途が見つからなかったVRのマーケットが一挙に拡大しそうです。

〇従業員(やお客様)を検温する、これも信頼感を得られるかもしれません。ハイグレードなホテルは実施しています。

 

■【Withコロナ】は長期化の様相!

 

【Withコロナ】のステージは以下の3つに分類できます。

●レベル1.緊急事態宣言(強烈な自粛)

●レベル2.相当な自粛

●レベル3.緩やかな自粛

 

この3つのレベルを含めると、この期間は相当長期に及ぶはずです。当面●レベル1と●レベル2を繰り返すかもしれません。

●レベル3は【Afterコロナ】のスタンダードかもしれません。

言い換えると、我々は生涯【Withコロナ】として生きることを強いられるかもしれません。受け止めなくてはなりません。

 

■【Afterコロナ】は、【Beforeコロナ】とは異なります。

 

大変大きなルールチェンジが起こっています。この流れは止まりません。加速します。少なくない過去のルールが反故にされ、新しいルールがスタンダードになります。精鋭の経営者は『ルールメーカー』として対応してくるはずです。狙いたいものです。

 

まずは、目先の備えを済ませたうえで、【Afterコロナ】の自社の経営について、防空壕の中でじっくりと考えてみてください。

〇世の中がどう変わるのか?

〇自社はどう対応するのか?

〇今すぐ取り組むべきは?

 

※追伸:できる備えは済ませましたか?様々な資金面の支援策が打ち出されています。ご遠慮なく当事務所までお問い合わせください。

 

※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。

我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。

遠慮なくご相談ください。