【経営コラム】すぐ取組める感染予防策!

…飲食店等は飛沫防止用アクリル板の設置を!

 

…前回号からのつづきです。

 

■感染予防一辺倒から経済活動の再開に向けて風向きが変わってきました。営業する事業者、特に飲食店等は、感染予防対策の徹底が求められますし、そうしないと客足は戻ってこないでしょう。そもそもほとんどの店舗でソーシャルディスタンスを確保できません。席を離すのにも限界があります。

 

■すぐ取組める感染予防策!

 

以下をご確認ください。

〔株式会社ワークス Works Inc様のホームページから引用させていただきました。〕

 

(引用)「新型コロナウイルス対策の飛沫感染防止用間仕切りとして飛沫防止用アクリル板を幅広くご利用頂いております。

当社では特に居酒屋、飲食店、バー、食堂などお客様同士が接触してしまうシーンにおいて感染対策用品としてご利用頂ける木製脚のアクリル板を中心にご提供しています。底面の余白がなくウイルスをガード、安心の高さ600mmの構造で、カウンター一人席の間仕切り・パーテーション、衝立としてご利用頂ける横置きタイプや座卓、テーブル席などで対面のお客様同士の飛沫を防ぐ前置きタイプなど、お店の間取りに合う様々なサイズのアクリルガード、間仕切りをご用意しております。木製脚なので居酒屋、カウンター、テーブル席などのイメージを損なわず、ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルの3色から木製脚をお選び頂けます。」

 

https://www.tenpokagushop.com/wism/special/acrylic.html

 

※席数を減らして営業するよりは、はるかに効率(コスパ)が良いはずです。

 

■感染予防策+アルファー(安心感)の提供が重要です。

 

連日連夜の新型コロナウイルス報道で刷り込まれた恐怖心は当面消えません。実態としての安全と、気持ちの安心の両方を満たす必要があります。そのためには、見えてわかりやすい対策が必要です。

 

●「調理・接客時のマスク・手袋着用」「従業員の検温の実施」等の店舗側の対策をSNSで配信して下さい。入口にも大きく表示しましょう。「お客様の検温を実施」する飲食店やホテルもあります。ユニクロも入り口での検温を行っています。

 

■【Withコロナ】は長期化の様相!

 

コロナの本当の終焉は、予防薬と治療薬が完備し行き渡ったタイミングでしょうか。この条件を満たせば、コロナウイルスも他のインフルエンザ等と同じ扱いになるのでしょう。それまでは、予防措置(自粛)と経済活動維持という、相反する課題の中庸を維持していかねばなりません。緩めたり、厳しくしたり…我慢が続きます。

 

事業体、特に3密業態は、緩んだときには少しでも多くの売上を確保し、終焉後はいち早く客足を戻すための施策を打たねばなりません。「飛沫防止用アクリル板の設置」や、「調理・接客時のマスク・手袋着用、従業員の検温の実施等々の告知」などに、今すぐ取組んでみてはいかがでしょうか。

 

※追伸:できる備えは済ませましたか?様々な資金面の支援策が打ち出されています。ご遠慮なく当事務所までお問い合わせください。

 

※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。

我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。

遠慮なくご相談ください。