【実践コラム】銀行に何を期待するか

…銀行の位置づけを明確にしましょう。

 

民間金融機関である銀行に何を期待するかはそれぞれです。しかし、銀行の役割を誤って認識してしまうと、一方的に期待が膨らんでしまい、余分な軋轢が生まれます。銀行の位置づけを明確にし、正しい銀行対応を心がけましょう。

 

◆銀行は救済機関ではありません。

「銀行は業績が悪化した時にお金を借りる相手だ。」と位置付けている経営者様も少なくありません。しかし、銀行は行政機関ではありませんので、資金繰りが悪化した企業を助ける義務はありません。銀行は救済機関ではないと位置付けて、資金繰りが悪化する前に相談するようにしましょう。

 

◆銀行は新規事業のパートナーとしては不十分です。

「銀行は新しい事業を始める時にお金を借りる相手だ。」と位置付けている経営者様もいらっしゃいます。しかし、銀行はリスクを取れませんので、ゼロから立ち上げる新規事業には積極的に資金を出しません。実績のない新規事業に取り組む場合は、アイデア段階での事業パートナーにはなりえないと位置付け、一定の実績を積んだ後に相談するようにしましょう。

 

◆銀行は事業拡大のパートナーです。

「銀行は実績ばかり求めるが、実績があったら最初から融資など必要ないのに。」とおっしゃる経営者様もいらっしゃいます。経営者様の多くは、「銀行は資金繰りが苦しい時や新規事業に取り組む際に仕方なく利用するもので、事業が軌道に乗ったら返済するもの。」という基本認識があるようです。一方、銀行は「一定の実績がある事業に対して、それをさらにスケールさせるために資金を提供したい。」と考えています。悪いものを良くする資金ではなく、良いものをさらに良くする資金です。

 

資金繰りの悪化や新規事業は、自己資金、行政機関である日本政策金融公庫、もしくは保証付き融資などで対処し、実績の出た事業をさらに拡大する際は、銀行を事業パートナーとして位置づけましょう。

 

○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、 『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

 

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。