【実践コラム】資金調達の指針を明確にする

 …成長企業は金利より調達額が大切です。

 

安定的に利益を上げられるライフステージに入った企業は、資金調達を積極的に行うよりも、負債を圧縮したり、金利を下げることが重要かもしれません。

 

しかし、成長過程にある企業の資金調達方針は、金利よりも調達金額を重視すべきです。理由は、成長期の企業は、投資をすればするほど業績に跳ね返ってくるためです。(ここでは銀行筋からの調達を想定しています。銀行筋よりも金利が高いノンバンク等からの調達はよく検討する必要があります。)

 

仮にA行から、金額1,000万円、金利2.0%で融資の提案があったとします。一方、B行の提案は、金利は2.5%ですが、融資金額は1,500万円です。

 

A行の方が1,000万円あたりの金利は年間5万円少なくなりますが、年間10%の利益を出せる事業をお持ちの企業であれば、金利が高くても1,500万円を借り入れて事業に費やした方が、年間50万円も多く利益を残すことができます。

 

よって、成長過程にある企業は、金利を下げる方法よりも、資金をより多く調達する方法を知ることが大切です。

 

あるお客様の事例をご紹介します。

 

X社は、2期目が終わった時点で、メガバンクからプロパービジネスローン1,000万円の融資を受けていました。

 

3期目の期中に、飛び込みで来たある地方銀行から保証付き融資の提案を受けました。しかし、社長様は、既に取引のあるメガバンクに依頼するのが筋だと考え、地方銀行の提案を断ってメガバンクで1,000万円の保証付き融資を受けました。

 

丁度この頃、弊所に財務部長代行のご依頼をいただきました。

金融機関との取引が増えてきたため、財務を強化したいとの理由です。弊所は、金利を下げるより、資金をより多く調達する方針を提案し、社長様にも賛同いただきました。

 

■弊所の対応

X社は大変利益率の高いビジネスを行っており、3期目の業績もすこぶる好調でした。次の資金調達のタイミングである3期目の決算後は、保証協会で5,000万円以上の調達も期待できそうです。問題は保証協会の融資をどこの金融機関で調達するかです。

 

金利を重視するならばメガバンクに申し込みます。しかし、メガバンクの場合は、保証協会が承認した金額を融資して終わりです。新規取引のキャンペーンでプロパービジネスローンを出してくれましたが、X社はまだまだメガバンクが本格的にプロパー融資を検討する規模には至っていません。

 

より多くの金額を調達するならば、プロパー融資を検討してもらえる地方銀行、信用金庫に申し込みます。3期目の決算は好決算になる見込みであることを説明し、保証協会の枠を分ける代わりにプロパー融資を検討してもらうよう依頼します。保証協会の調達額はどこの金融機関を経由しても基本的には同じですので、そうすることでプロパー融資の分だけ調達額は多くなります。

 

X社の場合も、前回お断りした地方銀行にお声掛けしたところ、決算後に保証付き融資を申し込むことを前提として、プロパー

融資1,000万円を決算前に出してくれました。

 

○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

 

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。