【経営コラム】事業再構築のための経営の着眼点(その9)

…飲食業・料理人の新たな生き方!(その3)

 

前回号の続きです。

 

■着眼点14:シェア型キッチンを活用して、自店舗を持たずにデリバリーサービスを展開するゴーストレストラン!

 

〔※食の世界をつなぐWebマガジンFoodist(飲食店.com提供)の記事から一部を引用させていただきながらご紹介します。〕

●「Uber Eats」や「出前館」(その根底はITですが)は、飲食業の姿も大きく変えました。デリバリー機能が飛躍的に発展することで、デリバリー業態に無限の可能性を与えました。

 

自前で配達要員を持たなくても、紙のチラシを広く配布しなくても、デリバリービジネスを始めることができます。

一方、シェア型キッチンの誕生は、デリバリー専門飲食店の開業を後押ししてくれます。

 

「…『キッチンベース』では約20坪の広さのスタイリッシュな空間に、独立した4つの厨房設備や調理機材がある。日中は複数のデリバリープラットフォームを活用したデリバリー専門店、そして夜中から早朝にかけては宅配・仕出し弁当の仕込み場所として活用していく。また、場所の提供のみならず、開業や運営に必要となるデリバリープラットフォームの登録手続きをはじめ、配達要員の確保や開業後のマーケティングサポートなどもすべて運営側が行う。さらに、売上や客単価、リピート率など、販売促進に必要となるデータを独自のシステムで算出し、分析結果をシェフに提供するなど、「シェフがトライしやすい環境」を目指した。今年2月(掲載年度の)、募集をかけたところ、実に100人以上のシェフから応募があったという。…」引用終わり。

 

※WebマガジンFoodist(飲食店.com提供)の記事から

 

◎複数のシェフ(ゴーストレストラン)が同じ場所に集まって、切磋琢磨しながら料理を開発してデリバリーで販売できます。

実店舗を開業するのと比べると、その開業に関するコスト・手間暇は圧倒的に軽減されます。接客サービスを必要としないので、料理の味の磨き込みに集中できます。デリバリーなので品ぞろえを絞り込むことも、また、お隣さんとの組み合わせでメニューの幅を広げることもできます。

 

開業や運営に必要となるデリバリープラットフォームの登録手続きをはじめ、配達要員の確保や開業後のマーケティングサポートなどはすべて運営側が行ってくれます。さらに、売上や客単価、リピート率など、販売促進に必要となるデータを独自のシステムで算出し、分析結果を提供してくれます。

IT革命は世の中を大きく変えると言われだしてから20年が経過しました。ITをベースに様々なソリューションが開発され、そのソリューションを使ったさらなるソリューションが創造され続けています。

 

「Uber Eats」や「出前館」、シェアリングエコノミー、WEBマーケティング…シェア型キッチンを活用して、自店舗を持たずにデリバリーサービスを展開するゴーストレストラン!とは、これらの技術の融合の結果創造された、新しい飲食業の姿でしょうか。

 

◎おいしい料理を提供したいからお店を出店する…そのためには物件を確保して、品ぞろえを広げ、スタッフを雇用して、できるだけ長時間営業して…別の選択肢が提供されています。

 

…次回につづく

※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。

我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。

遠慮なくご相談ください。