【経営コラム】脱・昭和!令和の経営・生き方を実現しましょう!(その2)

…営業時間・品揃え・価格では頑張らない!

 

◎営業時間・営業日はできるだけ短縮しましょう。

◎品揃えはできるだけ絞り込みましょう。

◎価格はできるだけ高く設定しましょう。

 

上記を実現するための学びと努力を惜しまず続けましょう。長時間営業・品揃え強化や安売りのために努力するのは止めましょう。これが令和の経営の一つです。

 

■営業時間・営業日の短縮…

 

○店舗ビジネスの経営者は、その店舗を最大限効率的に活用しようと考えます。当然です。では、効率的とはどのように運用することでしょうか?

 

多くの経営者が考える効率的とは…できるだけ長時間店舗を営業すること、家賃は同じだから、お客様が来店されるから等々が理由です。

長時間営業しても、家賃が固定費で同じだから、本当でしょうか?営業すれば人件費という大きな経費が必要になりますが、営業しなければ人件費は発生しません。(休日に充当できます。)

店舗を最大限効率的に活用することは、イコール、できるだけ長時間営業することではありません。この視点を重視してください。

 

○店舗ビジネスにおいて営業時間をいかに短縮するか?これが大きなテーマです。

 

居酒屋を経営しているとします。給料日前の月曜日を休みにしたらどうなりますか?

時間帯別売上高、曜日別、時期別(給料日前等)の売上高を確認してください。ランクを付けてください。

繁忙期の繁忙日をSランクとするなら、閑散期の閑散日はCかDランクになるはずです。Sランク~Dランクまで、すべて営業することが、本当に有効活用なのでしょうか。

 

◎できるだけ営業時間・営業日を短縮する、この『絞り込む』経営が必要になってきました。

経営に必要なのは、その売上高ではなく、その利益です。3万円を売り上げるために、それを上回る経費を投入している営業を止めましょう。減収になっても、増益になる経営を目指してください。

 

■アイテムを絞り込む…

 

○取り扱いアイテム数をいかにして絞り込むか?これが大きなテーマです。

 

居酒屋を経営しているとします。居酒屋が10アイテムで経営できるはずありません。50アイテム、100アイテム…でしょうか。

ここで重要なのは以下の2点です。

 

◆1.101アイテムよりも、100アイテムの方が効率的で美味しくなるという点です。一つでも少ない方が、生産性と品質が向上します。100アイテムと101アイテムでは誤差の範囲でしょうが、この差が大きくなればなるほど、顕在化します。

 

◆2.時間の経過とともに、アイテム数は増える傾向にあるという点です。

メニューを絞り込む・止めることは難しく、温存すること、増やすことは容易だからです。

商品別の売上高を確認してください。ランクを付けてください。

Sランク~Dランクまで、すべて本当に必要でしょうか。3つカットして1つ追加する、全体で数十%減らすぐらいの思い切った目標を立てて取り組んでください。

 

◎できるだけアイテム数を減らす、この『絞り込む』経営が必要になってきました。

100アイテムの生産性と品質を維持しながら提供するオペレーションと、80アイテムのそれでは、その収益性等すべてに雲泥の差が生まれます。少ない方がよい、この原理・原則を忘れないでください。

 

■価格を見直す、値上げする…

 

○価格への弱腰姿勢を是正する、経営の大きなテーマです。

 

集客商品だから、目玉商品だから、原価率は高いが価格が高いので粗利益額は確保できるから、これらをフック商品にして…

等々、安売りを正当化する理由はいくらでも見つかります。

安くするための理由ではなく、高くするための工夫に知恵を絞ってください。

 

◎価格をすべて見直してください。

値決めが経営に与えるインパクトを過小評価してはいけません。

一品一品丁寧に、材料原価と手間原価(生産性)を勘案しながら、1円単位で値決めを再考してください。アイテムの絞り込みと同時に行うと効率的です。また、深夜の営業時間帯には特別料金を加算することも重要です。

 

必要な原価・コストを織り込んだ上で、必要な売上高を確保できないビジネスは確実に淘汰されます。サービス残業も近未来には確実になくなるはずです。法で規制されます。従業員がいなくなります。

そのためには、売上至上主義、頑張りすぎる経営からの脱却が必要です。残された時間は限られています。

 

『営業時間・営業日の短縮』・『アイテムを絞り込む』・『価格を見直す、値上げする』この3つのテーマを実行に移してください。営業時間・品揃え・価格で頑張るのは止めましょう。

 

※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。

我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。

遠慮なくご相談ください。