【実践コラム】借入の最適化について

…定期的に借入を見直しましょう。

 

数年ぶりに保険を見直してみると、思わぬ無駄が見つかることがあります。銀行借入も同じく、定期的に見直すことにより、借入を最適化することができます。

 

借入の見直しを行うためには、借入残高一覧表を作成すると便利です。借入残高一覧表とは、銀行名、借入額、金利、借入時期、返済年数、毎月の返済額と借入残高が一目で分かるようにまとめられた資料です。

 

例えば、返済期間が残り2年を切った下記の借入が2本あるとします。

 

A:借入残高300万円 毎月返済額10万円

B:借入残高250万円 毎月返済額10万円

 

A,Bの借入を返済する前提で、新たに1,000万円の借入を返済期間5年で行うと、手元資金が450万円増加したうえで、毎月の返済額が約3万円下がります。

 

もちろん、Aだけ、Bだけでも、借り換えにより、返済額を増やさずに手元資金を増やすことができます。ポイントは、例えば5年返済の3年目、10年返済の5年目など、返済期間の半分を経過している借入が検討の対象となります。

 

また、簡単ではありませんが、保証付き借入をプロパーにまとめることができれば、保証協会の枠が空くとともに、既存借入の保証料が戻ってきます。

 

借入残高一覧表は、自身で使うだけでなく、金融機関との金利交渉にも役立ちます。他金融機関よりも飛びぬけて金利が高い金融機関がある場合は、一覧表で他行の金利水準を示して交渉するのがスマートです。

 

複数本の借入があり、定期的な借入の見直しを行っていない企業様は、是非ご相談ください。

 

弊所にて借入の最適化をご提案させていただきます。

 

○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

 

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。