【経営コラム】経営改革の第一歩はデジタルシフト!

…コロナ禍の前後でビジネス習慣が大きく変化するはずです。

 

 

■コロナ禍で苦しんだ18か月、少し出口が見えてきたようです。

一方、平時に戻ると、様々なセーフティーネットが解除されます。補助金・助成金が徐々に減少し、金融機関の「雨傘」も店頭から消えます。コロナだから、この説明も説得力を失います。

徐々にですが…

 

コロナ禍の前後で、デジタル化によるビジネス習慣が大きく変化するはずです。平時に戻って、得意先にアポイントを入れたら「来社せずにZoomで」と言われるかもしれません。従業員に「以前通り毎日出社して」と指示したら、「では退社します」と言ってくるかもしれません。

 

◎経営の最優先課題の一つは、デジタルシフトです。確実に取り組んでください。

 

■多くの事業体にとって、デジタルシフトは共通のテーマです。

 

以下の4つについて整理いたします。

1.デジタルとリアル、その選別を!

2.売り方と業務のデジタルシフト!

3.働き方・雇い方のデジタルシフト!

4.デジタルシフト、このルールチェンジに乗り遅れないために!

 

●1.デジタルとリアル、その選別を!

 

最大限デジタルにシフトして、残りのリアルは高付加価値化を図る、リアルはVIP&VVIPに限定して高付加価値化を図りましょう。平等主義から脱却しましょう。この選択肢が主流になりそうです。

 

(例)コンサート…廉価でオンライン配信、リアルは人数限定で高価で最高の環境を提供する。

(例)プロ野球…廉価でオンライン配信(TVは無料)、リアルは人数限定で高価で最高の環境を提供する。

(例)アパレル…オンラインで販売、リアルでは現物確認と試着を。

(例)セミナー…廉価でオンライン配信、リアルは人数限定で高価で最高のサポートを行う

 

●2.売り方と業務のデジタルシフト!

 

自社媒体による直販体制(D2Cモデル)を構築しましょう。

 

〇デジタルの販売比率の向上を図る!

〇紙媒体からテキスト媒体、さらに音声・動画媒体への転換を図る!

〇対面業務・営業からオンライン業務・営業への転換を図る!

(オンライン業務・営業が許容される環境が整いました。)

 

●3.働き方・雇い方のデジタルシフト

 

紙情報、決済(印鑑)等のボトルネックを無くしましょう。

 

〇紙情報をクラウド上のデータへ移す!

(アクセス可能な環境整備)

〇出社しての勤務からテレワークへ転換を図る!

〇総合型業務からジョブ型業務への転換を図る!

〇人事制度(雇用形態や評価制度)を大きく見直す!

 

●4.デジタルシフト、このルールチェンジに乗り遅れないために!

 

デジタルシフトを大きな経営目標に掲げてください!

 

〇元に戻そうとする敗者の行動パターンを模倣しない!

〇できない理由ではなく、やり切る決意を持つ!

〇同業種上位20%以内のデジタルシフトを実現する!

 

近い将来、あの時(コロナショック、令和2年~3年)が自社の転換点であったことに気づかれるはずです。多くの事業体にとって、デジタルシフトは喫緊の重要な経営課題です。元に戻そうとする敗者の行動パターンを模倣することなく、信念を持って取り組んでください。

 

 

※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。

我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。

遠慮なくご相談ください。