【実践コラム】月次支援金について

…8月、9月、10月分の申請漏れがないようご確認ください。

 

コロナウイルス感染状況も落ち着いて来ましたが、中小企業庁より10月分まで月次支援金による支援を行うと発表がありました。現在、8月、9月の申請を受け付けておりますが、申請漏れがないよう、今一度ご確認をお願いします。

 

月次支援金とは、緊急事態措置又はまん延防止等重点措置に伴う飲食店の休業・時間短縮営業、又は不要不急の外出・移動の自粛により、営業に影響を受けた事業者に対して支給される給付金です。法人は上限20万円/月、個人事業者等は上限10万円/月が次の計算式に従って支給されます。

 

2019年または2020年の基準月の売上-2021年の対象月の売上

 

■ 下記1)及び2)を満たす事業者が対象となります。

1)緊急事態措置又はまん延防止措置等重点措置に伴う飲食店の休業・時短営業又は外出自粛等の影響を受けている。

2)緊急事態措置又はまん延防止措置等重点措置が実施された  月のうち、対象措置の影響を受けて月売上が2019年または  2020年の同じ月と比べて50%以上減少している。

 

例えば、対象措置が実施された地域の飲食店等を相手に商売をしているB2B事業者、対象措置が実施された地域の個人顧客と直接的な取引があるB2C事業者等が対象となります。あくまでも、外出自粛等の影響により売上が減少していることが要件です。下記早わかりガイドで給付対象かどうかご確認ください。

 

https://www.meti.go.jp/covid-19/getsuji_shien/pdf/guide.pdf?0908

 

■ 申請方法

対象である場合、下記ホームページから申請を行ってください。

初めて申請される場合は新規登録が必要になります。

 

https://reception.ichijishienkin.go.jp/login

 

申請には、確定申告書、売上台帳、履歴事項全部証明書、通帳の写し、宣誓・同意書等の書類や、税理士等による事前確認が必要になります。

 

○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

 

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。