【経営コラム】日本はすでに先進国ではないのかも!(その3)

…生産性の向上のためには新しいルールに適合する!

━━━━━━━━━━━━━

 

前回号のつづきです。

 

言い古された言葉ですが、時代は大きく変わっています。特に1995年以降のIT革命は、ビジネスのルールそのものを変えてしまいました。であるにもかかわらず、多くの中小企業は昭和中期の考え方で、ビジネスモデルで経営を続けています。

 

日本の一人当たり労働生産性がOECD加盟38カ国中28位(IMFは、2022年は30位に下がると予測)にまで落ちてしまった大きな原因の一つには、これが挙げられるはずです。

 

新しいビジネスのルールに適合させること、時流・トレンドを捉えること、言い換えると、そのためのイノベーションに励むことが急務です。

 

以下、時流・トレンドに適合して、イノベーションを起こすた

めの8つのヒントについて言及します。

 

◆1.デジタルシフト!

 

〇デジタルが主、リアルが補完する、パワーバランスが変化す

る!

※試着(現物確認)・リサーチ専門店の出現!

※基本はデジタル、リアルは限定的に!

 

◆2.中間流通、小売業の衰退!

 

〇中間事業者はニューミドル(販売代理⇒購買代理)の立ち位

置を確保!

〇メーカー(サプライヤー)はD2C(C2M)マイチャンネ

ルの構築!

〇プラットフォーマーと共存!

 

◆3.マネタイズ、投資思想、顧客との関係性の変化!

 

〇売り切りからサブスク(継続課金)への転換を図る!

〇フリービジネスの更なる台頭!マネタイズポイントの変化!

 

◆4.商品・サービス提供からソリューションの提供へ!

 

〇もの・こと提供者からソリューション提供企業への転換!

※ブリヂストンはタイヤメーカーからソリューション提供企業

へ!

 

◆5.業界分類の崩壊!

 

〇現業界にこだわらない事業展開!業界の壁の破壊!事業立地

の変更!

※アマゾンは、物販⇒クラウド⇒金融⇒…

 

◆6.持たざる経営、保有のデメリットが顕在化!

 

〇日本のBIGカンパニーは保有のデメリットと戦う!

※人・ハード…余剰整理との戦い!

 

◆7.経済の効率化が進む!

 

〇本格的な人余りの時代が到来する!

〇大企業は余剰人員・余剰設備の削減と戦う!

〇ベーシックインカムの検討・導入?

 

◆8.格差が拡大する!

 

〇中小企業はアッパーニッチで自社領域の確保を目指す!

※ロアマスに生きる余地は少ない!

 

絶対に逆らってはいけない相手は時流・トレンドです。時流という強烈なうねりに適合しながら、自社の経営をより良いものに作り込んで行きましょう。

 

 

※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。

我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。

遠慮なくご相談ください。