【お役立ち情報】ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金について

…13次締切分の申請期限は令和4年12月22日です。


「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(ものづくり補助金)」の13次申請受付が11月7日から始まりました。申請期限は令和4年12月22日です。

この13次締切分が令和4年度における最後の公募となる予定です。

11次の一般型の採択状況では、4,668件の応募に対して2,786件が採択されています。

直近の数次の状況をみても、同様に約4,000件の応募に対して60%前後の採択率で推移しています。

ものづくり補助金の活用をご検討の方はご準備ください。

一般型の「通常枠」を中心に概要をみておきましょう。


■補助対象者

以下の要件を満たす3年から5年の事業計画を策定し、従業員に表明している中小企業・小規模事業者等が対象となります。


(1)事業計画期間において、事業者全体の付加価値額を年率平均3%増加させること。

※付加価値額とは、営業利益に人件費、減価償却費を足したものです。


(2)事業計画期間において、給与支給総額を年率平均1.5%以上増加させること。


(3)事業計画期間において、事業場内で最も低い賃金を地域別最低賃金+30円以上の水準にすること。


■補助対象経費

機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費が対象となります。


■補助内容

(1)補助上限額

・従業員数5人以下:750万円

・従業員数6人から20人:1,000万円

・従業員数21人以上:1,250万円


(2)補助率

・中小企業:1/2

・小規模事業者、再生事業者:2/3

※再生事業者とは、 中小企業再生支援協議会等から支援を受け再生計画等を策定済あるいは策定中の事業者です。


■その他

一般型には通常枠の他に次のような申請類型もあります。


1.回復型賃上げ・雇用拡大枠

業況が厳しく、補助金への応募申請時に前年度の事業年度の課税所得がゼロである事業者が対象です。


2.デジタル枠

DXに資する革新的な製品・サービスの開発やデジタル技術を活用した生産プロセス・サービス提供方法の改善等を行う事業者が対象です。


3.グリーン枠

温室効果ガスの排出削減に資する革新的な製品・サービスの開発や炭素生産性向上を伴う生産プロセス・サービス提供方法の改善等を行う事業者が対象です。


詳細は事業公式ホームページからご確認ください。

http://portal.monodukuri-hojo.jp/index.html


〇補助金に関するご相談は銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

お気軽にご相談ください。