top of page

【実践コラム】ファイナンス思考とは

…中小企業経営者にも有益な考え方です。



中小企業経営者にとって、経営の鍵を握るひとつのアプローチが「ファイナンス思考」です。ファイナンス思考は、経済評論家である朝倉祐介氏によって提唱され、中小企業経営者に向けて幅広い成果をもたらしています。このコラムでは、ファイナンス思考の基本的な要点とその中小企業における適用方法について解説します。


1.ファイナンス思考とは何か


ファイナンス思考は、従来の経営思考を進化させたものです。

経営者が財務戦略を組む際、単に資金調達や経費削減に留まらず、戦略的な視点で経営を捉えることを目指します。朝倉祐介氏は、経営者がファイナンス思考を取り入れることで、収益の最大化や持続可能な成長を実現できると考えています。


2.ファイナンス思考の要点


・キャッシュフローの重要性:ファイナンス思考では、キャッシュフローの管理が中心となります。キャッシュフローは企業の生命線であり、資金調達や運転資金の確保に不可欠です。

 経営者は、収入、支出、投資、借入、返済を的確に見極める必要があります。


・リスク管理:ファイナンス思考はリスク管理を重要視します。

 リスクは避けるべきではなく、適切に評価し、最小限に抑えるべきです。ファイナンス思考の下で、リスク評価とヘッジ戦略の構築が行われ、企業の安定性が向上します。


・効率的な資金調達:適切な資金調達戦略が中小企業の成長に不可欠です。ファイナンス思考では、銀行融資、投資家調達、資本市場への参入など、適切な資金調達手段の選択が焦点となります。また、返済計画の策定も重要です。


3.中小企業への適用


中小企業においても、ファイナンス思考は大きな成果をもたらします。具体的なアプローチとして以下の点に注意が必要です。


・予算と予測:収益、費用、キャッシュフローに対する予算と予測を策定しましょう。これにより、将来の課題を把握し、適切な戦略を立てる助けになります。


・財務の透明性:財務情報を正確かつ透明に管理しましょう。

 決算書や貸借対照表を定期的に確認し、経営の健全性を把握しましょう。


・効果的なキャッシュフロー管理:キャッシュフローの進行をリアルタイムで追跡し、資金不足や過剰資金を回避しましょう。


4.結論


ファイナンス思考は、経営者が持つべき重要なスキルの一つであり、中小企業にとっても適用可能です。このアプローチは、企業の成長戦略の中で資金調達、リスク管理、収益最大化をバランスよく組み合わせ、持続可能な成功をサポートします。


経済環境は変動的で、競争が激化する中、ファイナンス思考を駆使することで、中小企業は市場での地位を強化し、持続可能な成長を達成できます。経営者はファイナンス思考を学び、日々の意思決定に活かすことで、より強固な経営基盤を築くことができるでしょう。


ファイナンス思考は、単なる財務戦略に留まらず、経営の新しい次元を切り拓くものです。経営者がこれを理解し、実践することで、中小企業も大きな成功を収め、持続的な成長を果たすでしょう。ファイナンス思考を武器に、ビジネスの未来を切り拓いていきましょう。


○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。


○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。


○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。


コメント


bottom of page