top of page

【実践コラム】中小企業の財務無策がもたらすリスク

…資金繰りの重要性と賢明な財務戦略の必要性



資金調達のご相談の中には、「もう少し早くご相談して頂ければ…」というものが多くあります。適切な対処をしていれば、そもそも問題すら起きなかったかもしれない事案です。今回は、財務無策が招いた資金繰り悪化の実例をご紹介します。


■ 財務無策とは


財務活動には「キャッシュフロー管理(資金繰り管理)」「ファイナンス(資金調達)」「資産運用」の3つの要素が含まれます。中小企業にとって特に重要なのは「キャッシュフロー管理」と「ファイナンス活動」です。しかし、中小企業の多くはこれらの分野において必要な知識やスキルが不足しており、財務活動に無策の状態と言えます。


■ 財務無策が招いた資金繰り悪化の事例


事例1:余裕資金を持たずに経営を行っているケース


商売がそれなりに順調で、毎月の資金繰りも何とか回っているため、資金の調達を怠っている企業様がいらっしゃいます。

「不測の事態により売上が減少し、慌てて銀行に融資を依頼したが断られてしまった…」と言うご相談です。お聞きすると、過去には銀行の方から借りて欲しいとの依頼があったとのこと。

「銀行を儲けさせるだけなので断っていた。」とのことですが、中小企業の信用力は決して高くありません。不測の事態を想定し、資金に余裕を持たせておくことは、財務戦略の基本です。


事例2:キャッシュフローの管理ができていないケース


「売上が急激に伸びたため、社員をどんどん増やしていたら、突然資金繰りが厳しくなってしまった。慌てて資金調達に動いたが銀行から良い返事が得られない・・・」と言うご相談です。

突然資金繰りが厳しくなるような、資金管理がまともにできていない企業への融資は不安ですので、銀行の対応は当然ネガティブになります。売上が伸びて忙しくなる事は本来良いことですので、計画的に資金調達に動いていれば、スムーズに調達出来ていたはずです。わずかな事で資金不足に陥りがちな中小企業にとって、キャッシュフローをしっかり管理することは、必須の財務活動です。


事例3:実力以上の返済を行っているケース


本業の稼ぎ以上の返済を行っている企業様も多く見られます。

手元資金が減少していきますので、当然資金繰りが厳しくなります。問題は「自社の返済能力の限界を知らないこと。」「借入を早く返したいという意識が強すぎること。」「返済のピッチをなだらかにする方法を知らないこと。」などが挙げられます。手元資金が不足してからアクションを起こすのではなく、自社の返済能力を知り、事前に借入金をコントロールしておけば、何ら問題は起きなかった事案と言えます。


中小企業は資金力が限られており、わずかなことで資金繰りが悪化するリスクを抱えています。しかし、財務活動を適切に行うことで、多くのリスクを回避できます。財務無策からの脱却を目指しましょう。お手伝いしますので、お気軽にご相談ください。


○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。


○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。


○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。

Comments


bottom of page