top of page

【実践コラム】中小企業経営者のための管理会計入門

…税務会計との違い、導入のメリットを解説します。


中小企業の多くは、経営状況を把握するために税務会計を行っています。税務会計は、法的な規定に基づいて税金を計算し、申告するための会計です。一方、管理会計は、企業内での経営判断や業績管理に役立つ会計です。しかし、中小企業経営者の多くは管理会計の概念やメリットを十分に理解していないことがあります。

まず、税務会計が中小企業において一般的であることについて述べます。税務会計は、法律で規定された税金の計算や申告を行うため、企業が法令を遵守し税金を支払うための重要な会計です。多くの中小企業は、税務会計を行うことで、法的な義務を果たし、税務署とのトラブルを避けることができます。

次に、管理会計という概念について説明します。管理会計は、企業内での経営判断や業績管理に役立てることを目的とした会計であり、税額の計算を目的とした税務会計とは異なります。管理会計では、経営者や経営陣が企業の業績や財務状況を把握し、経営方針を策定するための情報を集約しています。しかし、中小企業では、管理会計を行っているところはまだ少ないのが現状です。

管理会計のメリットは、経営状況をより正確に把握し、効果的な経営戦略を立てることができる点が挙げられます。また、経営者や経営陣が目標を設定し、業績を評価するための指標として活用することができます。一方、管理会計の導入にはコストや時間がかかるというデメリットが、中小企業に管理会計が浸透しない理由でもあります。

最後に、管理会計を導入する際のポイントについて述べます。

まず、経営者や経営陣が管理会計の重要性を理解し、積極的に導入する意識を持つことが重要です。また、適切な管理会計システムを導入し、従業員の理解と協力を得ることも大切です。管理会計の導入には、時間と労力が必要ですが、経営の効率化や持続可能な成長を目指すためには欠かせないものです。

経営者の皆様は、管理会計の基本的な概念や手法を理解し、経営の効率化や持続可能な成長を目指すために積極的に活用していきましょう。管理会計の導入に興味のある方は、是非ご相談ください。

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。

○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。

留言


bottom of page