top of page

【実践コラム】専門家との付き合い方

…専門家の使い方も重要な経営技術です。


企業経営は複雑で多岐にわたる課題を含み、成功するためには幅広い専門性が必要です。そのため、多くの経営者は、専門家の意見やアドバイスを受け入れることは大切であると認識しています。しかし、時には経営者が専門家に過度に依存し、経営判断までを託してしまうことがあります。社長が専門家に経営判断を過度に委任することの問題点について考えます。


1. 経営者の責任感の低下

経営者が経営判断を専門家に完全に委任すると、経営者自身の責任感が低下するリスクが生じます。責任を逃れるために「専門家がそう言ったから」と言い訳をすることが容易になり、結果的に経営者のリーダーシップや決断力が鈍化します。経営者は自身の責任を果たし、ビジョンを明確に持つ必要があります。


2. ビジョンのずれ

専門家は特定の分野に精通していますが、その視点はしばしば専門性に偏りがちです。経営者が経営判断を完全に委任すると、専門家の視点によってビジョンが歪められる可能性があります。

経営者のビジョンと専門家のアドバイスをバランスよく統合することが重要です。


3. 経営状況への深い理解の欠如

経営者は企業の日常的な運営や状況を深く理解しています。しかし、経営判断を専門家に委任しすぎると、経営者自身が企業の状況を把握する機会が減少します。これにより、経営者は企業の現実に疎くなり、経営状況へのリアルな理解が欠如する可能性があります。


4. 過度なコストと時間の浪費

専門家に経営判断を委任することは、高額なコンサルティング料やアドバイザーの費用を伴います。また、専門家の意見を待つために時間がかかることもあります。経営者が過度に専門家に依存すると、財政的な浪費や競争力の低下が懸念されます。


5. 経営者の成長の妨げ

経営者は経験を積むことによって成長し、リーダーシップスキルを向上させることができます。しかし、経営判断を専門家に完全に委任すると、経営者の成長の機会が制限されます。自己成長と学習は、持続的な成功のために不可欠です。


専門家のアドバイスや専門知識は、経営者にとって非常に価値のあるものですが、それを過度に依存し、経営判断までを委任することは慎重に考えましょう。経営者はビジョンを明確に持ち、経営状況を理解し、専門家のアドバイスを適切に統合するバランス感覚を持つことが成功への道です。専門家のサポートはあくまで手段であり、経営者自身が責任を持ち、ビジョンを実現する使命を果たすことが重要です。


○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。


○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。


○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。

ความคิดเห็น


bottom of page