top of page

【実践コラム】損益分岐点売上高の算出方法

…大まかな採算ラインを知るのに便利な方法です。



経営者は、人員を雇用する、広告を出す、値引き販売をする・・・等の様々な投資判断を下さなくてはなりません。投資判断を行う際に最も気になる点は、「採算が取れるかどうか。」でしょう。もちろん、机上でいろいろと考えたところで、最終結論は「やってみなければ分からない。」と言うのが本質かも知れませんが、理屈で成り立たない事を現実に成り立たたせるのは大変難しいというのも事実です。


投資を行う際に知っておくべき点は「採算ラインとなる売上高」です。専門的には損益分岐点売上高と言います。損益分岐点売上高を求める算式は、固定費÷限界利益率です。限界利益率を求めるのは少し手間がかかりますので、変動費率の代わりに粗利率を代用することで大まかな採算ラインが分かります。様々な場面で多用出来る式ですので是非覚えてください。


■ 営業人員を雇用する際の採算ラインの算出


粗利益率が30%の商品を販売する営業マンを雇用する際、この新人営業マンに期待すべき販売目標は下記で求められます。

※固定費(営業マンの平均月収30万円+福利厚生費5万円+営業経費10万円)÷粗利益率30%=損益分岐点売上高150万円

この新人営業マンが月平均150万円の販売を行って収支トントンです。(最低販売目標150万円+期待する利益額)の売上を上げられるかどうかが営業マン採用時の目線になります。


■ 広告費の採算ラインの算出


粗利益率が30%の商品の広告出稿を検討する際、どれぐらい販売出来れば採算が合うかを知りたいときにも使えます。

※固定費(広告費100万円)÷粗利率30%=損益分岐点売上高333万円100万円の広告費を使い、333万円の売上高を上げられなければ経費倒れになります。


■ 売上高5%オフセールの採算ラインの算出


固定費が50万円、粗利率が30%の商品を5%オフとした場合

※5%オフによる粗利率の低下30%→26.3%

※元々の損益分岐点売上高 固定費50万円÷粗利率30%=損益分岐点売上高166万円

※値引き後の損益分岐点売上高 固定費50万円÷26.3%=損益分岐点売上高190万円

売上高が24万円(190万円-166万円)増加した時点から、ようやく値引き販売の効果が得られることが分かります。


営業マンが期待通りの成果を上げられるかどうか、広告で期待通りの注文があるかどうか、値引き販売で期待通りの売上増加につながるかどうか、結局のところはやってみなければ分かりません。しかし、投資判断を下す前に「損益分岐点売上高が実現可能なラインかどうか。」を知っておけば、大きな失敗は避けられます。



○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。


○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。


○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。


コメント


bottom of page