top of page

【実践コラム】高コスト体質企業と新興企業

…効率化とコスト削減を通じて業績の向上を図りましょう。


近年、多くの中小企業が様々な経営課題に直面しています。その中でも特に顕著なのが「高コスト体質」を抱える企業です。一方で、新興企業は限られたリソースを最大限に活用し、効率的な経営を行っています。このコラムでは、高コスト体質企業と新興企業との対比を通じて、経営改善のポイントを探ります。

高コスト体質企業では、売上が順調でも赤字体質が続くケースが少なくありません。その背景には、管理部門の人件費負担が大きいことが挙げられます。売上がピーク時の半分になっても、管理部門の人員や業務オペレーションが削減されず、コストが過剰に発生している状態です。一方、新興企業はITツールを駆使して業務を効率化し、少数精鋭の体制で経営を回しています。

また、高コスト体質企業は相場よりも高い費用を支払っているケースも少なくありません。自社開発した管理ソフトのメンテナンス費用が高額であるなど、適切なコスト管理ができていない状況です。一方で、新興企業は市販のソフト等を活用し、効果的なコスト削減策を講じています。

さらに、高コスト体質企業は取引先との関係が硬直化しており、相場よりも高い料金を支払っているケースも見受けられます。業務提携の長い取引先に依存し、価格競争力を欠いている状況です。一方、新興企業は柔軟な取引を通じて、コスト競争力を維持しています。

高コスト体質企業と新興企業との対比を通じて、経営改善の重要性が浮き彫りになりました。経営環境の変化に適応し、効率的な経営を行うことが求められます。コスト削減や効率化を通じて、競争力のある企業へと変革していくことが必要です。

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所にて承っております。お気軽にご相談ください。

○銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、『貴社の財務部長代行』を廉価でお引き受けいたします。

○金融機関対応に関するご相談は、銀行融資プランナー協会正会員事務所である当事務所にて承っております。

 お気軽にご相談ください。

Kommentare


bottom of page