top of page

【経営コラム】ブランド戦略とは何か!(その2)

…ZARAとユニクロのブランド戦略の比較!


…前回号のつづきです。

ブランド戦略について考えてみましょう。


成熟したアパレル業界の二大巨頭、ユニクロとZARAは真逆の戦略をとっています。ブランド戦略の側面から2社を比較してみましょう。


■ユニクロのブランド戦略は、その独特な商品開発、デザイン哲学、グローバル展開、そして持続可能性への取り組みに基づいています。


◆1.「LifeWear」のコンセプト

ユニクロは「あらゆる人々の日常生活をより豊かにする衣服」を提供することを目指し、高品質かつリーズナブルな価格の衣服を提供します。


◆2.革新的な製品開発

ヒートテックやエアリズムなどの製品は、ユニクロが消費者のニーズを満たすために常に新しい技術と素材を探求していることを示しています。


◆3.シンプルで普遍的なデザイン

ユニクロのデザイン哲学は、時代を超越した基本的なスタイルと色を特徴とする製品を提供し、消費者に長期的な価値を提供することに重きを置いています。


◆4.グローバルな展開

ユニクロはグローバルに展開していますが、各地域市場の特性やニーズに適応した製品を提供することで、各地での成功を収めています。


◆5.持続可能性への取り組み

ユニクロは環境への影響を最小限に抑えるために、古着の回収やリサイクル、サステナブルな素材の使用などを推進しています。


これらの要素が組み合わさり、ユニクロのブランド戦略が形成されています。これにより、ユニクロは消費者の日常生活を豊かにする衣服を提供し、世界中の消費者から支持を得ています。


■一方、スペインを拠点とするZARAは、独特なブランド戦略により、ファッション業界において大きな成功を収めています。


◆1.高速で効率的なサプライチェーン

ZARAは「ファストファッション」のパイオニアで、デザインから製造、販売までの一連の流れを非常に短いサイクルで行います。これにより、新商品を常に提供し続けることができ、消費者に新鮮な経験を提供します。


◆2.トレンドに対応したデザイン

ZARAはトレンドを迅速にキャッチし、それを商品に反映します。これにより、消費者はハイファッションの最新トレンドをリーズナブルな価格で手に入れることができます。


◆3.店舗体験の重視

ZARAは、店舗体験を重視し、洗練された内装と美しいディスプレイにより高級感を演出します。また、主要都市の中心部に店舗を設けることで、ブランドのイメージを高めています。


◆4.デジタル戦略とオムニチャネル

ZARAはオンライン販売にも力を入れており、オンラインとオフラインの販売チャネルを統合することで、顧客により良いショッピング体験を提供しています。


◆5.サステナビリティ

ZARAは環境に配慮した製造プロセスを進め、サステナビリティに焦点を当てています。これにより、より環境意識の高い消費者からの支持を得ています。


これらの要素が組み合わさることで、ZARAのブランド戦略は形成されています。これにより、ZARAは消費者が求める最新トレンドを迅速に反映した高品質な製品を提供し、世界中の消費者から支持を得ています。


成熟したアパレル業界で戦う、ファストなZARAと、超スローなユニクロは、真逆の戦略をとっています。一時期アパレル業界時価総額で世界1位になったユニクロも、現在(2023年7月)はZARAに大きく引き離された2位に甘んじていますが、今後もしのぎ合いが続くはずです。

さて、我々も自社のブランド戦略を整理してみましょう。



※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。

我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。

遠慮なくご相談ください。

Comments


bottom of page