top of page

【経営コラム】最新のビジネス便利ツール音声AIをご紹介します。

…テキストデータを音声データに簡単に変換できる音声AI


AIを使った最新のビジネスツールがたくさん開発されています。

特に、テキストデータを音声データに変換する音声AIの利用用途は広範囲です。


例えば、テキストのマニュアルと一緒に、音声データも添付してあげれば、利用者の利便性が向上します。商品の利用マニュアルや、社内のマニュアルなどに試してください。その他の用途についてはチャットGPTに聴いてみました。


また、本紙の内容を音声AIの一つ『音読さん』に読ませてみました。若干の違和感はありますが、営業などには、AIなので嫌味が無いとの見方もあります。


●AI音声URLは以下です。(2分58秒)

https://storage.googleapis.com/ondoku3/media/8a224e093cb854dc96cb4575ff195541ec64a5ffb5bf26a42079f2c1.mp3?


※『音読さん』は以下からログインして、まずは無料版で使ってみてください。

https://ondoku3.com/ja/


■チャットGPTへの質問


『テキストデータを音声データ化する、ビジネス上の用途、その利点を教えて下さい。』


□チャットGPTからの回答


『テキストデータを音声データ化することには、ビジネス上の多くの利点があります。以下にその一部を挙げます。


1.コミュニケーションの改善: テキストデータを音声データ化することによって、ビジネスパートナーや顧客とのコミュニケーションを改善することができます。例えば、音声メールや音声メッセージを送ることで、より親密なコミュニケーションを実現することができます。


2.ワークフローの改善: テキストデータを音声データ化することによって、ワークフローを改善することができます。例えば、音声による指示を送ることで、作業の進行状況を迅速かつ正確に把握することができます。


3.プロダクトの改善: テキストデータを音声データ化することによって、プロダクトの改善を実現することができます。

例えば、顧客からのフィードバックを音声データとして収集することで、プロダクトの改善につなげることができます。


4.アクセシビリティの向上: テキストデータを音声データ化することによって、アクセシビリティを向上することができます。例えば、視覚障がい者にとって、音声による情報伝達は重要な役割を果たします。


5.長時間の入力作業の軽減: 長時間のテキスト入力作業は、ストレスを引き起こすことがあります。テキストデータを音声データ化することによって、入力作業を軽減し、ストレスの軽減につなげることができます。


これらの利点は、ビジネスのあらゆる分野で活用されています。』


貴社のビジネスへの応用を考えながら、まずは使ってみてください。思わぬ発見があるかもしれません。



※銀行融資プランナー協会の正会員である当事務所は、クライアントに『お金の心配をできるだけしない経営を行ってもらう』ための新しい機能(=金融機関対応を含む財務の機能)を持つことを宣言いたします。

我々は、『税理士』ではなく、『新・税理士』です。

遠慮なくご相談ください。

Comments


bottom of page